第2回MBAセミナーのお知らせ

塾業界で、ここ数年、経営者や現場の責任者を悩ませているのが、「人手不足」問題です。

「人手不足」は、まずは個別指導で「大学生の講師確保」ができないという問題から浮上しました。

そして、この「人材不足」は、好不況の循環による一過性のものではないという指摘が様々な専門家からなされるようになってきました。

人口減に拍車がかかる日本社会にあって、人材不足は日本社会の構造的な問題という認識が広くされるようになってきました。

「講師不足」が深刻化することにより、1990年代からシェアを拡大し、「集団指導」を凌駕しつつあった「個別指導」の先行きに暗い見通しがされるようになり、今や学習塾業界全体の課題として「人手不足」は語られるようになっています。

この「人手不足」問題をテーマとするのが、2018年度下半期のMBAセミナー

「人手不足からの塾革命~新しい塾のカタチの成功メソッド教えちゃいます!」です。

このセミナーでは「人手不足」問題に立ち向かう方法として、二つのアプローチ方法を提示します。
一つは、「業態変換」というアプローチです。
人手をあまりかけない学習塾の一つの業態として「自立型個別指導教室」にスポットをあて、その成功ポイントをお話します。
「自立型個別指導教室」は講師不足にもってこいとばかり、映像+プリント形式の形態で、講師に頼らない教室運営が塾経営者に受け、全国に徐々に広がりつつあります。
しかし、簡単に成功することはありません。
ましてや、今の塾である程度成功していないのに、講師が上手く集まらないから、「自立だ!」と乗り換えてみても、成功はなかなかできないものです。
塾特有の経営の前提を把握し、自立型個別指導という形態を正しく把握してこそ、人手不足を乗り越え、塾経営を成功させることができるのです。

 

そして、もう一つのアプローチ方法は、人材を集めるための「媒体変更」です。「人手不足」の時代にあっても学習塾で講師として働いてくれる人材はいます。この大切な人材を、ライバル塾ではなく、自塾にどうしたら採用できるのか? 紙媒体であれ、Webであれ、人材募集のための広告を出すだけでは、今や優秀な人材が貴塾に応募してくれることは稀です。
そんな難しい状況にあって、どのような募集方法があるのか?
この点についての中土井流のメソッドをお話します。
新しい塾のカタチを提唱し、「人材不足」を解消するMBA流メソッド!
どうぞご期待ください!

お申込み・お問い合わせ

 

★第一講座

2020年以降に求められる新しい塾のカタチとは

講師:中土井鉄信

★第二講座

自立学習教室を100名にする成功の秘訣を教えます

講師:山口博士

自立学習REDのFCで日本一の生徒数を誇る山口博士氏が成功の秘訣を教えます!

山口先生についてはこちら

★第三講座

塾革命を起こすMBAメソッド

講師:浅井正美

★第四講座

何でも解決!塾経営Q&A

講師:中土井鉄信

 

第2回開催日 2018年

東京 9月30日(日)10:20-17:00
大阪 10月21日(日)10:20-17:00

福岡 10月28日(日)10:20-17:00

お電話はこちら

045-651-6922

東京会場地図はこちら 大阪会場地図はこちら 福岡会場地図はこちら

必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須ご住所
必須お電話番号
必須ご希望の会場
任意メッセージ本文

 

参加費

MBA塾経営革新メンバー 7,000円(税別)
一般: 10,000円(税別)

※今回はメルマガ会員割はございません。

開催場所

東京:渋谷サンスカイルーム

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目9番8号
朝日生命宮益坂ビル4階 4B室
TEL:03-3406-2085 FAX:03-3406-2087

新大阪ブリックビル

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区淀川区宮原1丁目6 宮原 1丁目6-1

■JR線
JR東海道線「新大阪駅」3階コンコースから北口を出て北へ。歩行者デッキを通り、大阪回生病院手前で右手階段を下りてすぐ。

■地下鉄
地下鉄御堂筋線「新大阪駅」「北改札口」1番出口を出て北へ。大阪回生病院の東隣。

アクア博多

〒810-0801 福岡県福岡市博多区中洲5丁目3−8

お問い合わせ・お申込みはこちら

お申込み・お問い合わせ

山口博士先生のプロフィール

経験・ノウハウ


学習塾業界で学卒以来17年勤めてきた。一斉指導型の部門に長く在籍し、主に教材作成・選定・他社との提携を業務の中心としてきた。
【今までの提携先(例)】
・2009年 ㈱スプリックス:個別指導教材、小学生グリムスクール
・2014年 ㈱玉井インベストメント:玉井式国語的算数教室
・2014年 ㈱SRJ:みんなの速読
・2015年 ㈱ベネッセコーポレーション:ベネッセ子ども英語教室

一方個別指導の隆盛を捉え、2008年に地域の塾に先駆け㈱スプリックス社の新型教材『フォレスタ』を導入。同社教材は県内大手塾が以降全て採用。

2012年に経営の学びを深める為、経営専門職大学院へ入学。前任の取締役の退職に伴い、2013年に取締役を拝命し、学びを実践の中で活かしてきた。

2015年前職退社。株式会社ワイズコンサルティング設立。新規開業コンサル業務開始。学習スタジオクロスロードを経営しつつ中土井鉄信先生の影響もあり自塾の設立を画策し、2016年自立学習REDを開校。開校1年半でRED教室No.1の生徒数を確保。売り上げは2年目で2500万円超。本年の6月に自立学習RED可児教室を新規開校。夏期講習に70名超の集客ができている。